自由は不自由なのかもしれない説

宮本代表

こんにちは、宮本代表やで!

長いこと放置してしまったけど、今日からは結構な頻度で更新していこうと思う。

なんでかっていうと、このブログ結構流入あるからやねん。

アナリティクス見てびっくりしたわ。

そもそも見られることを全く前提としてなかったBIP専用のアウトプット展示会が見られとるねん!

しかも、SEOから流入やで。

SNSはまだ分かる。

複数人で運営してるから、各自知り合いが見てくれるとは思うねんけど、SEOは予想外過ぎる。

まぁ、ええわ。

本題に入る。

自由は不自由かもしれない説

本当の自由は不自由だ。

何もない荒野に放り出されたら僕たちはどうするだろう?

そう、彷徨うことになる。

「やったー!自由になれたぞー!」なんて思わないはずだ。

むしろ不自由とさえいえる。

だから、僕たちは多少の制限をかけて生きることが一番自由を感じられる。

では、制限とは何だろうか?

僕は仕事だと思う。

もちろん、自分が楽しいと思えることが前提だが、仕事は自分を程よく律してくれる。

不自由の中の自由

僕たちはよく勘違いをしてしまっている。

仕事をしなくて良い=自由という勘違いだ。

しかし「仕事をしないで良い」という状態は、実は不自由な状態である。

先ほどの例を挙げるなら、荒野に放り出されたみたいなものだ。

仕事を全くしなくなった存在は、荒野を彷徨ったような感覚になってしまう。

「いやいやいや、仕事なんてマジでしたくないからw一生遊んでいたいからw」

と思う人もいるだろうが、それは勘違いである。

生物は必ず循環の中で生きている。

僕たちが「くだらない」と決めつけてしまっているどんな生き物にも役割が存在している。

食べて、食べられて、死に土へ還り、また生み出す。

しかし、仕事を完全にやめてしまった人はどうだろうか?

そう、何も生み出さないのだ。

「いやw毎日遊びながら何かしら生み出してますけどw」

心の底からそんな風に思える人がいるなら、それは仕事をしているといえる。

仕事だと自覚していないだけで、何かを生み出すという行為は立派な仕事なのだ。

その生み出しているものに、世間がいくら価値を感じていなかったとしても、誰か1人にでも役に立っていると思えれば、人は程よい自由の中にいることができる。

真の不自由

真の不自由は「自分は何も生み出していない」と心の底から感じてしまうことだ。

誰の役にも立てていないと感じてしまうことこそが、真の不自由なのである。

つまり、経歴上での仕事をしているかどうかなど関係がないのだ。

経歴上、仕事をしていたとしても、本人が「誰の役にも立てていない」と感じてしまっていたら、それは仕事をしていないのと同じになってしまう。

だから、もしあなたの隣にいる人が汗水を流していたら「いつもありがとう」と一言いってあげよう。

その言葉が彼を自由にするだろう。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました